2011年08月17日

乳児湿疹の判断は

乳児湿疹らしきものができました。
熱もないようなので、慌てずにここはとりあえず様子を見ることにしました。
発熱があるようだと乳児湿疹の可能性がかなり高いのですが、
ぐずってもいないようなので、大丈夫だと思います。

沐浴が終わった時に出てきて、
しばらくしたら少しずつですが、
減ってきて、数も少なくなったので様子見に出来ましたが、
はじめの頃は何かと心配事が多いですね。
posted by ゆうたろ〜 at 00:29 | 子供の病気・クループ性気管支炎 対処記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月05日

急性咽頭炎で、クループ発生 すぐ対処

急性咽頭炎でしばらくお子がダウンしておりました。
発熱も39度overあり、かなり心配しました。

咳が激しく、犬がほえるような咳をずっとしていて、
これが急性咽頭炎の特徴だそうです。
クループ現象っていうらしいです。

急性気管支炎:肺の入り口にある気管支がウィルス・細菌により
急激に炎症を起こしている状態。
気道が狭窄しているので、ひゅーひゅーと呼吸の際に音がなります。

急性咽頭炎:喉のあたりが同じくウィルス・細菌により
急激に炎症を起こしている状態です。
クループの咳は、ほんとうに苦しそうな音がでていて
誰でも、すぐに尋常じゃないことがおきているんだなと
わかります。


呼吸が苦しそうにしていたのですぐに夜間救急つれていきました。
ちゃんとお薬飲ませておかないと最悪の状態に
なる可能性も有るそうなので、注意が必要です。
まだまだ、お話ができる歳ではないので、
痛いことは判りますが、親が注意してあげないといけないんだなぁと
反省しています。

夜間救急で、もらったお薬は強いステロイド剤で、
炎症を抑える薬でした。
先生のお話では、”必ず飲ませてください”とのことだったので
しっかりと飲ませてしまいました。
薬の効き目は抜群で、すぐに咳もとまって、く〜って寝てしまいました。

結局3−4日程、度咳は続きましたが
無事に回復いたしました。

posted by ゆうたろ〜 at 11:59 | 子供の病気・クループ性気管支炎 対処記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

インフルエンザ家庭内蔓延記9(完結編)

こんにちは。

やっと昨日、熱も下がり
回復したように思います。

・・・・が、やっぱり回復して体力も充分になると・・・
寝ないんです(笑)

昨日は私のほうが先に寝てしまいました。
寝るときは横にいたんですが、
きゃっきゃしてました。

抱っこしてようが、なにをしようが
とても寝付いてくれません。

寝かせつけがうまくなったとおもっていたのは
勘違いでした(笑)

こまったもんです。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。