2011年09月11日

自分も風邪ひいてしまった

お兄ちゃんが風邪をひいてしまったと思っていたら、
自分まで風邪ひいちゃった。という落ちでした。

38.5度出ているのでそこそこしんどいです。

こんな時は育児の戦力としては役立たずになってしまうので辛いです。
早く治さないとなぁ。
posted by ゆうたろ〜 at 00:03 | 子供の病気・クループ性気管支炎 対処記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月07日

例によってうつりました

やっぱりうつってしまいました。
同じ部屋で寝ているのでしかたないんですがやたらと風邪をうつされてしまいます。

うがい手洗いは念入りにしているのですが予防に関してはそれ位じゃ足りない見たいです。

でうつされると、本人は元気になっているというお約束の落ちでした。
posted by ゆうたろ〜 at 22:29 | 子供の病気・クループ性気管支炎 対処記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月05日

クループ性気管支炎またもや:クループの対処記録:咳の音がクループ性気管支炎の独特の犬もしくはオットセイが鳴く鳴き声のような咳。対処の方法と考察について

お兄ちゃんが昨日の夜から咳が出てます。そして、今朝様子を見ていると咳の音がクループ性気管支炎の独特の、犬もしくはオットセイが鳴く鳴き声のような咳になってます。対処の方法と考察について記しておきます。

経過としては、幸いなことに今のところ発熱はなさそうなので、注意は必要なものの、病院には行かせずに普段どおりに過ごせそうです。発熱まで出るとクループ性気管支炎の症状も一気に進み気道がふさがってきてしまい、呼吸も苦しくなりますので、すぐに病院に行かせられるように準備だけは整えておきます。余談ですが、私も気管支炎をよく煩ってたので、その影響かもしれません。どれくらい痛いかもよくわかるので、辛いです・・・。

ここのところの対処方法は、前もらった薬の残りがあるので、緊急時はそれを飲ませるようにします。通常はキプレスという粉薬を飲んでいます。(処方箋薬です)緊急時はデカドロンというステロイド系のお薬のようで夜間救急などに行くともらえる薬です。これを飲ませれば割とすぐに呼吸が楽になるようです。シロップで出されるお薬ですので余った分は冷蔵庫で保管。消費期限に注意は必要ですが、ストックがある間は安心。という感じで対処してます。

ただし、このデカドロンという薬はだいぶ強いお薬のようなので、本来保存には適さず処方されたときに飲みきるのが正しい方法のようです。何かのときに備えるにはキプレスというお薬のほうがベターのようです。粉ですし、アルミパックされてますので保存に適します。こちらも処方薬ですのでかかりつけのお医者さんにもらっておいて用意しておくのが良いと思います。




posted by ゆうたろ〜 at 11:13 | 子供の病気・クループ性気管支炎 対処記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。