2011年10月19日

テレビで、不活化ポリオワクチンの話題が

神奈川県が、独自で不活化ポリオワクチンの接種をはじめるようです。
でも、そのことで厚労省ともめてるようで・・・。

うちは神奈川県なので、とても助かりますし
対応が早いのはすばらしいことだと思います。
健康被害補償がないのが痛いところですが、それは国の問題だから
仕方ないことだと思いますし、判断は親がすべきだと思います。
それに比べ厚労省からの批判は、アホかと思います。

親心としては、みすみす一定確率で重篤な副作用がでるとわかっている
生ポリオワクチンを飲ますことにどれほど抵抗感があるのか
まったく理解していないのではないでしょうか?むかっ(怒り)

たとえ可能性が低いとしても、重度の障害を引き起こしてしまったときには
親である自分が対策を取る手段があったにもかかわらずそれができなかったと
きっと自分を責めてしまうでしょう・・。もうやだ〜(悲しい顔)

本当にいつも国のやることは、間抜けというか
なんというか。
在庫処分にこまっているのでしょうかねぇ?
利権が絡んでいるんでしょうかねぇ?眠い(睡眠)

この国で暴動が起きないのが不思議でなりません

13年度春には認可の予定らしいのですが、
遅いですねぇ・・・。
我慢して待つしかないのですが、
1発、2発不活化ワクチン打っといたほうがいいのかなぁ?


posted by ゆうたろ〜 at 09:48 | 予防接種・不活化ポリオワクチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月13日

不活化ポリオワクチン導入になったときの思わぬメリット

ママが井戸端会議で、同じく新生児を抱える近所のママさんと
不活化ポリオワクチンの話をしていたときの話。
近所のママさん曰く
「保健所で並ばなくてすむから、不活化ポリオワクチン導入まで待つ」
とのこと。

不活化ポリオワクチン導入されれば、注射での接種となるので
近くの小児科での注射になると思われるのですが、
そうなると確かに行列で苦しむ保健所へ行かなくてもすむのは
大きなメリットです。

思わぬ効能かもしれません(笑)

posted by ゆうたろ〜 at 14:01 | 予防接種・不活化ポリオワクチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月05日

不活化ワクチンポリオ予防接種

不活化ワクチン予防接種の情報を整理してますが、
なかなかどうしたらいいかわからないでいます。

不活化ワクチンのメリットとしては

  1. 生ワクチンにあるようなポリオ発症の危険がない

  2. 周りにポリオ菌を撒き散らさない



等なのですが、

不活化ワクチンのデメリットとしては

  1. 接種回数が多い

  2. 何かあったときに障害年金の対象外

  3. 金額がそこそこする



まぁ金額面は、1回5,000円〜10,000円程度とのことなので
工面すれば何とかできる程度ですが、
万が一のことがあったときの補償がほとんど無いのが
ちょっと心配です。
4回〜5回接種することになるので、
毎回心配してると心労がつらいかもしれません。

今考えてるのは、ハイブリッドで、
不活化ポリオワクチンを2回接種後に
行政でやっている生ワクチンを2回接種することなのです。
こうすれば、生ワクチンによるポリオ発症のリスクも抑えられて、
なおかつしっかりと免疫がついて、
費用も抑えられる・・・気がします。

行政からの不活化ワクチン開始は来年度遅くなるのかもしれませんので、
本気で悩んでいます。

保健士さんに相談したところ・・・・・(続きはこちら)
posted by ゆうたろ〜 at 10:33 | 予防接種・不活化ポリオワクチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。