2014年01月29日

子育ての大変なところは、子供によって違う

先日、ネットで「泣き叫ぶ子を、新幹線や飛行機に乗せるな」というような書き込みを見て、思うところがあったので、書いてみたいと思います。

うちの末っ子は、気に食わないことがあると泣き叫びだして止まらなくなります。そういう時は、気分転換させて泣き止ませる努力をするようにしています。少し時間はかかりますが大抵泣き止んでくれます。もちろん、難しい子だというのはわかっているので普段は車を使い、めったに電車・飛行機に乗ることはありません。

ネットで記事を投稿した人がみた子供も、きっと親が泣き止ますように努力していると思います。でも泣き止まないこともあります。それはどうしたって仕方のないことなのです。親が泣き止ませられなければ気分転換や、偶然の何かがなければ難しいでしょう。

かといって、新幹線や飛行機に乗るなというのは極論すぎると思います。我が家も周りを気にして新幹線や飛行機を避けるようにはしているものの、どうしても新幹線や飛行機でなければ行けないという時もあります。

私も勤め人なので仕事で新幹線や飛行機に乗って出張ということもあります。その時疲れていたら寝ていたいという気持ちの最中、隣で見知らぬ子どもが泣きわめいていたら確かに辛いです。しかし、それはどうしようもないことですし、親が泣き止むように努力をしていればそれでいいのです。もしくは泣き止む様に優しく助け舟を出してもいいでしょう。

お互いがお互いの気持ちを理解して、快適に移動できるように気を遣いあうことが大切なのでは?と思います。公共機関なのですから。


posted by ゆうたろ〜 at 10:00 | Comment(0) | イクメン養成講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。